仮想通貨は価格の変動が激しいため、売買においてはタイミングが最も重要になります。そのため、いつでもどこでも取引のできるツールがあると便利ですが、そんなことのできるツールが「スマホアプリ」です。現在では多くの業者から専用のスマホアプリが提供されており、アプリごとの特徴は異なるものの、どのアプリにも取引に必要な機能が十分に備わっています。

なお、スマホならパソコンと違って常に持ち歩いているため、最新の情報をすぐにチェックできます。また、どこにいてもネットへ繋げられるため、外出先や電車の中からでも取引ができます。

アプリでは以下のようなことができます。
●仮想通貨の売買
アプリのメニューから購入したい通貨を選び、数量を入力するだけで売買ができます。価格は業者が定めた価格での売買になります。なお、仮想通貨の場合は桁を間違えるケースがよくあるため、日本円で換算された金額を必ず確認することが大事です。

●仮想通貨の取引
取引所における現物取引もパソコンと同様の機能が備わっており、売り手と買い手同士の取引をアプリでも行えます。ただ、信用取引であるレバレッジ取引に関しては、一部のアプリに限られます。そして、レバレッジ取引では、常時変化する価格などの情報がスマホの小さな画面に表示されるため、操作性という点でアプリからの取引に難があるのは否めません。

●チャート確認
仮想通貨の変動を示すチャートを表示することができます。多くのアプリで、1年や1ヶ月単位という長期のチャートから5分や1分単位の短期チャートまで、必要なチャートを即時に確認できます。仮想通貨も投資である以上、過去から現在までの値動きを正確に把握することが利益を狙う基本になります。

●資産の確認
保有している資産残高を確認できます。日本円の残高はもちろんのこと、保有している仮想通貨の残高も全て確認できるため、資金状況を考慮しながら取引量を決められます。

●入出金
入出金メニューを選択すると、入出金先の口座番号などを確認でき、そのまま処理を行えます。なお、口座開設時に出金先の銀行口座番号などの情報を登録しておくことが必要です。

●送金
仮想通貨を別のアドレスに送金することができます。送金先の入力を間違えないようにするため、QRコードを読み取って送金先に指定する機能を利用することが得策です。

その他、保有している仮想通貨をその時点のレートで日本円に換算する機能や、保有資産の構成比率をグラフで表示する機能など、仮想通貨の資産管理に役立つ機能が数多く備わっています。スマホアプリからでも、仮想通貨の取引がスムーズにできます。