資産を運用する方法は、色々あります。定年退職を控えている方は、不動産投資を検討している事も多いです。確かに不動産投資にもメリットはありますが、むしろFXの方が良いという声も多いです。手間のメリットがあるからです。

家賃収入を稼げる不動産投資

不動産投資の場合は、主に家賃収入を得ていく事になります。便利な場所にある不動産物件などを買い、誰かがそこに入居してくれれば家賃が入ってくるでしょう。家賃が支払われる限りは、収入を受け取ることができます。
物件によっては、それなりの利益を生み出してくれる事もあります。特に都会エリアにある物件の場合、総じて入居率は高めです。空室率リスクも低めなので、都心部の物件を検討している方も多いです。

面倒な管理は不要なFX

ところで不動産投資には、管理に関するデメリットがあります。そもそも物件を保有した以上は、管理しなければなりません。年数が経過すれば、だんだん建物も劣化するでしょう。やはり劣化対策は施しておく必要があります。
FXの場合は、その管理を行う必要はありません。そもそもFXは、外貨で取引する事になります。わざわざ大きなお金を支払って、不動産物件を買う必要もありませんから、面倒な物件管理をする必要もないのです。

残債のメリットもあるFX

それと不動産投資の場合、借金が残ってしまう可能性があります。上記のようなシステムになる以上、まずは不動産物件を買う必要があるでしょう。物件の販売価格は少々高めなので、ローンを組んでいる方も多いです。もしも入居者を順調に確保できなければ、残債が残ってしまう可能性があります。
FXの場合は、それとは仕組みが全く異なります。この外貨商品の場合は、そもそもお金を借りる必要はありません。あくまでも両替のシステムで外貨を保有する事になる以上、残債リスクも無いのです。

結果が出るのが早いFX

そしてFXは、比較的短期で稼ぐことも可能です。多くの方々は、スキャルピングやデイトレードなどの方法で取引を行っています。前者のスキャルピングなどは超短期の売買になりますから、短い時間で大きなお金を稼ぐことも可能です。
ところが不動産投資の場合は、利益を生み出すのは少々時間がかかります。家賃収入という形で長期的に運用する事になるので、どうしても長い目で様子を見る必要があります。結果が出るまで時間がかかってしまうのです。
短期で結果が出る以上、FXの方が魅力的という声も多いです。